魅惑の発電所

私はここにずっと来ることを夢見てきた! ここには、辺鄙さ、大自然、ミステリアス、ユニークで古い雰囲気という、私が愛するすべてのものを兼ね備えているようだった。しかし、この場所が遠い遠い場所にあるということ以外はこの場所についてわからなかったのだ。 3 年かかってようやく行くことができた。

このような小規模の水力発電所はこの地域には数多く存在していた。今日では、これらの発電所について知っている者はもう誰もいない。人々に尋ね歩いたが、これらの小さな発電所について知っている地元の人はほとんどおらず、このあたりにあったということしか知らなかった。彼らの話では、子どもの頃に発電所の近くで水遊びをしていたということだった。その中のひとりだけが、発電所のひとつの正確な所在地を覚えていたので、その指示に従って行った。森を奥深く進んでいったが、何も見つからなかった。明らかに何かがあったのはわかったが、もう何も残っていなかったのだ。ただ美しい景色があるだけだった。それでも、発電所がひとつも残っていないことが信じられなかった。

そして、少しだけ後戻りすると、奇妙な感覚を覚えたのだ。 私は車を止め、川岸に向かって走り出した。木々の間に小さな建物の赤い屋根を発見した。ああ、ついにみつかったのだ! そこにまだあったのだ! 巧妙に隠れていたが、健在していたのだ!


Newsletter

Wanna receive the last news once a month? Join the mailing-list.