骸骨先生の学校

骸骨先生の学校(E小学校)に着くと、とても甘く、温かい感じがしました。学校は静かで、淡々としていました。時間を持て余していたので、何枚か写真を撮ることにしました。最後の陽射しが差し込んでいるのを幸せに思いました。そして、学校を去る前に、ひとつずつ、すべての教室に入って、何事も見逃さないようにしました。その時、ある事態が発生したのです。とても暗い時間滞でしたが、私は古い教室に入りました。ですが、何か奇妙なものが暗闇の中でわずかに光るのが見えました。近づくと、今度ははっきりと見えました。鬱蒼とした感じの悪い異星人が徐々に迫ってきたのです ! そして、こう言いました。「分かってないだろうが、雷が落ちるかもしれない。」私はまったく意味が分かりませんでした。そこで、そのにやついたうっとうしい「物」の写真を撮り、全速力で逃げました。

 


  • TORY オーナー

    very cute&cool!!

Newsletter

Wanna receive the last news once a month? Join the mailing-list.