Menu Icon of a menu made of three horizontal lines
Close Icon of a cross (x)

神岡鉱山

710年に開始、神岡鉱山は急激な成長を遂げ、第二次世界大戦中には世界でもっとも生産的な鉱山のひとつとなった。

710年に開始、神岡鉱山は急激な成長を遂げ、第二次世界大戦中には世界でもっとも生産的な鉱山のひとつとなった。そこでは亜鉛、鉛、銀、鉱石などが生産されていた。20世紀の初頭、神岡鉱山は“イタイイタイ病”と呼ばれる病気のため悪名高くなってしまった。川に大量にカドミウムを流したことが原因で、それは人々にかなりの痛みを及ぼし、腎臓疾患や骨軟化症を引き起こした。それは日本の公害病で四大公害病のひとつに数えられる。

神岡鉱山は2001年に廃鉱となり、地下トンネルや設備は現在スーパーカミオカンデによるニュートリノ観測に再利用されている。その目的は、陽子の自然崩壊があるかどうかをチェックすることで、今のところ観測証拠は見出されていない。

TEAM廃墟“に特別な謝意を表して。

ハイライト

– 興味深い錆びた機械
-巨大な残骸を歩く

真相

  • 710 – 2001