白沢峠の廃ダッジ

この古いダッジは、なぜか山梨の山深い白沢峠に現われた。その朝は冷たく、霧さえ出ている雨の朝だった。森の奥までハイキングをし、新鮮で、奥まで入って行った。霧のかかった朝に、まるで神が決めたような場所に捨て去られたこの車は、ほとんど神々しささえたたえていた。朽ちた身体に天使の羽が生えていた。

Newsletter

Wanna receive the last news once a month? Join the mailing-list.