天華園

天華園は、北海道の最も有名な温泉リゾートエリアの登別の主要4大テーマパークのひとつでした。 1992年、春にオープンし、清王朝時代のガーデンコートの再現(おそらくは夏の宮廷を)を目的としたテーマパークでした。入り口は印象的で、宮廷は広々とし、我々は、そう、中国の見捨てられた宮殿にいるように感じられます!式典会場をすぐ後ろに備えた月門があり、今では壊れている橋を通ってアクセスすることができます。右側には、確かに花のパビリオンがあり、たくさんの小さな木や様々な種類の花が野生化しているのが見られます。その前から、庭園にアクセスすることができます。 5重の塔は庭園の端に建立されました。その横に、北京から提供された鐘と寺が設置されました。どうやら、これは彼らの複雑な国交回復の20周年を祝う日本へのプレゼントだったようです。 そして、石の森がいくつかの沼地の池と一緒にあります。これは、あの有名な昆明(中国雲南省)の石林とよく似ています。 この庭園の建物に使われている名前は、すべて4大古典小説のひとつ、紅楼夢という名前の本にちなんでいるようです。庭園はまた、とても有名な4作のうちのもう一作品、西遊記を題材にした映画を取り上げています。 訪問客に欠き、1997年には経営難に陥った庭園をたった5年で閉園に導きました。建物は空っぽで、それらは現在、急速に腐敗し崩れ落ちてちます。今年はおそらく、この庭園を訪れるのに良い時期でしょう。

FACTS

  • 1992 – 1997

Newsletter

Wanna receive the last news once a month? Join the mailing-list.